『ザ・ビーチ』の原作者アレックス・ガーランド初監督作『エクス・マキナ』に注目!

『ザ・ビーチ』の原作者で映画版『わたしを離さないで』などで脚本も務めるアレックス・ガーランドが初監督するSFスリラー『エクス・マキナ/Ex Machina』は2015年の隠れた注目作!

NewImage

2000年にダニー・ボイル監督、レオナルド・ディカプリオ主演で映画化された『ザ・ビーチ』の原作者であり、その後は『28日後…』や『わたしを離さないで』、『ジャッジ・ドレッド』などで脚本家としても活躍するアレックス・ガーランドの初監督作品『エクス・マキナ/Ex Machina』が今年のSXSWで全米初披露されることが発表された。

▼『エクス・マキナ/Ex Machina』紹介動画▼

本作『エクス・マキナ』は、若いコンピュター・プログラマーが大企業の社長の依頼である研究に携わる予定が、実は彼自身がアンドロイド(人工知能)をめぐる実験の被験者になっていた、というSF作品。タイトルの「エクス・マキナ」(デウス・エクス・マキナ)とは、演劇などにおいて物語の終盤に絶対的存在(神)を登場させることで問題を収束させる手法を指す。

アレックス・ガーランドがこれまでに脚本を担当した作品は、小品ながらも良質なSF作品が多く、ストーリーテラーとしての彼の才能に疑いはないが、監督としてどこまで飛躍できるかに大変興味がある。人類が近い将来に直面することが確実視されている、人工知能をめぐる人間性の根幹に向けられる疑問を本作は主題としているようで、『わたしを離さないで』から一歩踏み込んだSF作品となることが、動画のサブタイトルの「人類が神となる時」という文句からも予想される。日本での公開はもちろん未定だが、今年の隠れた注目作品だと思う。

アレックス・ガーランド監督作『エクス・マキナ/Ex Machina』は2015年4 月10日に全米一般公開。3月13日から始まるSXSWにて全米プレミアが行われる。一度でいいからSXSWに行ってみたいな。

参照記事:COLLIDER

<スポンサーリンク>

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です