エドガー・ライトがドリームワークスでアニメを監督か!?

ダウンロード

今最もアツい監督の一人エドガー・ライトが、ドリームワークスが長年取り組んでいるアニメ映画を監督か!共同脚本も務め、自身も前向きな発言。

エドガー・ライトがアニメ監督!?

『ショーン・オブ・ザ・デッド』などでのサイモン・ペグとのコンビや、最近ではマーベルの『アントマン』にギリギリまで関わるなど、今最も注目されている監督の一人であるエドガー・ライトがアニメを監督することになりそうです。

過去にはスティーブン・スピルバーグの『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』の脚本でアニメーションに関与している彼ですが、今回はドリームワークスが長年手こずっている企画に関与することが判明しました。

それは2010年の段階でドリームワークスがスケジュールに盛り込んでいた「Me and My Shadow(原題)」というアニメ映画で、当初はCGと手書きアニメの融合を目指していたものの、その後経営の悪化や首脳陣の交代などを経て棚上げ状態にあった作品です。

12072502 Me and My Shadow 00s

このポスターのように退屈な男の「影」をするのに飽き飽きした「影」が男そのものをリードしていく、という話。ちょっと『インサイド・ヘッド』を彷彿とさせますね。

<スポンサーリンク>

エドガー・ライト、「アイデアがすぐに浮かんだんだ」

まだ彼が正式に監督に就任したわけではないですが、ドリームワークスからの依頼があったことは間違いなく。彼のインテビューを読むと、かなり前向きにようです。

僕の最初の映画作りはティーンネージャーだった頃でそれはアニメだったんだ。だからドリームワークスから、監督も含めた誘いがあったときは本当に興奮したよ。

影を扱う映画について話あったとき、僕にはそのポスターやタイトルシークエンス、それに映画の全体さえも理解できたんだ。そして疾風のごときスピードで描いて、それを友人でコメディアンのデイヴィッド・ウィリアムズに渡したんだ。一緒にやろうってね。

まだエドガー・ライトが監督としてこの企画に拘束されるのかはわかりませんが、ドリームワークスのアニメにエドガー・ライトの感性が加わるとか、面白くないわけないですよね。

近年はピクサーやディズニーに押されっぱなしのドリームワークスですが、会社の理念でもある「大人と、子供の中にある大人心に向けて」の映画としてはエドガー・ライトの人選はドンピシャのように思えます。

期待したいです。

参照collider.com/edgar-wright-animated-movie-dreamworks-animation/

44c23b6b15d70994d766716b66bcaf1c.jpeg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です