ドウェイン・ジョンソンが「世界最初のスーパーヒーロー」ドック・サヴェジを演じることが決定!

White

ドウェイン・ジョンソンがシェーン・ブラック監督作『ドック・サヴェジ/Doc Savage』に主演することを公式に発表!医師であり科学者であり冒険家でもあるミスター・パーフェクトことドック・サヴェジを演じる!!

一体、僕らはどれだけドウェイン・ジョンソンをスクリーンで見れば満足するのでしょうか?

先日撮影を終了した『ベイウォッチ』、現在撮影中の『ワイルドスピード8』、その後には『ジュマンジ』リメイク、『カリフォルニア・ダウン』の続編『ゴーストハンターズ』のリメイクアーケードゲーム『Rampage』の映画化ロバート・ラドラム原作小説の映画化、そしてDC映画の『シャザム』という作品たちが控え、他に今年の夏だけでもケヴィン・ハートとのコメディやHBOドラマも公開されるなど隙間がないほどに映画に出演しまくっているドウェイン・ジョンソンですが、新たに『アイアンマン3』のシェーン・ブラックがメガホンを取る『ドック・サヴェジ』への主演が決定しました。

1933年からパルプ小説として登場した『ドック・サヴェジ/Doc Savage』の映画化で、ドウェイン・ジョンソンがもちろん主演のドック・サヴェジを演じることになる。

本名クラーク・サヴェジ・ジュニア、別名ブロンズの男とも呼ばれるドック・サヴェジは、幼少の頃から科学者チームに最高の人間として育てられた経験を持ち、作者によれば「シャーロック・ホームズの演繹能力、ターザンの身体能力、クレイグ・ケネディ教授(アーサー・B・リーヴ著の科学者探偵)の科学知識、アブラハム・リンカーンの人格的長所を併せ持つ」というチートぶり。しかも声帯模写や変装まで得意で、イケメンで超金持ちという人間兵器なのです。

そしてドック・サヴェジはスーパーマンにも影響を与えたと言われる元祖スーパーヒーロー。

1975年にはSF映画の巨匠ジョージ・パルが製作し、『八十日間世界一周』のマイケル・アンダーソンがメガホンを取った『ドクサベージの大冒険』が公開されている。

今回の映画化では『アイアンマン3』のシェーン・ブラックがメガホンを取り、最新作『The Nice Guys』でもタッグを組んだアンソニー・バガロッジとハリウッド版『デスノート』でも執筆するチャック・モンドリーは脚本を担当。彼らと一緒に写った写真がロック様のフェイスブックに掲載されています。

ドウェイン・ジョンソン主演『ドック・サヴェジ/Doc Savage』はソニー配給予定ですが、公開日程などはまだ決定していません。シェーン・ブラック監督も『プレデター』が控えていますので、その後ということになるでしょうが、とにかくドウェイン・ジョンソンがドック・サヴェジを演じることは決定です。

<スポンサーリンク>

ロック様の最新情報をチェック!
▶︎ドウェイン・ジョンソン主演『ベイウォッチ』の撮影が終了を知らせるグリーティングカードが公開!
▶︎ドウェイン・ジョンソン主演でロバート・ラドラム原作小説をユニバース化へ!
▶︎ 『ワイルド・スピード8』の出演者勢揃いのセット映像が公開

white.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です