不振が続くドリームワークス、今後の公開スケジュールを変更し、『ヒックとドラゴン3』も公開延期に!

不振にあえぐドリームワークスが今後の公開スケジュールを大幅変更。年3本の公開予定を2本に縮小。当初2017年公開を予定していた『ヒックとドラゴン3』も2018年へと延期!

NewImage

先日、ドリームワークスが大規模なリストラを計画しているというニュースをお伝えしたが、当初350名ほどと見られていたリストラも全スタッフの18%に当たる500名というより厳しい処置へと変わり、加えて、経営不安の影響は今後の公開スケジュールにまで及ぶことになった。

これまで年3本のアニメの公開を予定していたのだが、それをオリジナルアニメ1本と続編1本の計2本へと縮小することが決定した。その影響で『ヒックとドラゴン3』の公開も2017年から2018年6月へと一年ずれ込むことになる。

『シュレック』や『ヒックとドラゴン』などヒットシリーズを抱えるも、近年発表した『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』と『ミスター・ピーボディ&シャーマン』が興行的には大失敗し、結果、今後のアニメ作品の見直しを迫られることとなった。

新しいスケジュールでは2016年から2018年までの3年間で6本の映画を公開。

・2016年 『カンフーパンダ3』(3/18)、『Trolls』(12/4)

・2017年 『Boss Baby』(1/23)、『クルード2』(12/22)

・2018年 『Larrikins』(2/18)、『ヒックとドラゴン3』(6/29)

この大規模な見直しで『長ぐつをはいたネコ』の続編や『マダガスカル4』は製作計画から外れることになった。

追記:『ヒックとドラゴン3』の全米公開日が2019年3月1日に再々延期されました。

参照記事:THE HOLLYWOOD REPORTER

<スポンサーリンク>

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です