『デッドプール』、過激すぎて中国での公開中止に!?

Deadpool1 gallery image

2016年公開映画の中でも期待値の高い『デッドプール』が、現在世界第2位の映画マーケットに成長した中国で公開されない見込みであることが複数の情報から明らかになりました。その理由は、、、、

『デッドプール』の中国公開は中止か!?

今やハリウッドにとって北米に次ぐ重要なマーケットとして急成長する中国ですが、2016年公開映画のなかでも期待値の高い『デッドプール』はどうやら中国での公開が中止となりそうです。

複数の情報によると『デッドプール』の中国公開はその暴力描写や生々しいセリフ、そして性的描写を理由に公開スケジュールからはじき出された模様です。

これまでの中国はハリウッド映画の検閲は厳しく行われていたものの、R指定であっても中国用に再編集されることで公開されることが一般的でした。しかしその中国的やり方も『デッドプール』様には通用しなかったようです。というのも、過激描写の多くは物語の重要なパートに直接関わっており、それを排除すれば物語が穴だからになって成立しなくなるというもの。

この過激バージョン予告編を見ればよく分かります。

<スポンサーリンク>

すごいぜ、『デッドプール』。

近年は数々の大ヒット映画が中国政府の検閲を理由に再編集されており、『007 スカイフォール』ではボンドが中国人警備員を射殺するシーンは丸ごとカットされています。また逆に映画によっては中国編集版だけに中国人俳優の出番が多くなることも珍しくありません。

ハリウッドにとって中国マネーはなくてはならないものとなり、とうとう俺たちのレジェンダリー・ピクチャーズも中国企業の傘下に入ってしまいました。

そんななか我が道を行く『デッドプール』は応援したくなりますね。

全米公開は2016年2月12日ですが、日本では夏くらいになるかもしれません。

・『デッドプール』の最新情報はこちらから

deadpool1-gallery-image.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です