【必見】『猿の惑星:新世紀』の前日譚を描く3つの短編映像が公開!

全米公開が2014年7月11日に迫った『猿の惑星:新世紀』の本編を補完する3つの短編映像が公開されました。前作『猿の惑星:創世記』から10年後の世界を描く本作ですが、その10年の間に何が起こったのか説明した短編となっています。これは必見です。

NewImage

関連記事:『猿の惑星:新世紀』レビュー ※ネタバレページあり
関連記事:『猿の惑星:新世紀』の最新情報

▼シミアン・ウィルスの拡大(創世記から1年後)、アイザイア・セレ監督▼

▼生存をかけた苦闘(創世記から5年)、ダニエル・スロン監督▼

▼銃にまつわる物語(創世記から10年)、“thirtytwo”監督▼

人類が開発したシミアン・ウィルスの拡散と大規模な飢饉によって人口が激減する世界。そして知性を獲得した猿人類たちと人類は互いを憎み合い、そして争いがはじまる。

前作の終わりから最新作の10年の間に激変した世界を描いた3つの短編です。試写で大絶賛され期待値が一気に上がっている本作。日本公開は2014年9月です。

参照記事:COLLIDER

<スポンサーリンク>

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です