マーティン・スコセッシ監督最新作『沈黙-サイレンス-』の日本公開が2017年に決定!

Making

『沈黙-サイレンス-』2017年全国ロードショー 配給:KADOKAWA Photo Credit Kerry Brown

マーティン・スコセッシ監督が日米最高のキャストで挑む、遠藤周作原作小説の映画化作品が邦題『沈黙-サイレンス-』として2017年に公開されることが決定!

巨匠マーティン・スコセッシ監督にとっての長年の夢でもあった遠藤周作の小説「沈黙」の映画化作品が邦題を『沈黙-サイレンス-』として2017年に日本で公開されることが決定しました。

戦後日本文学の金字塔とも言える遠藤周作の「沈黙」をマーティン・スコセッシ監督が1988年に読んでから実に28年という時を経て、ついに映画化が実現。

17世紀江戸初期の日本を舞台に、激しいキリシタン弾圧のなかで棄教したと噂される師の真実を確かめるべく日本にたどり着いた宣教師を通して描かれる、人間性の本質とは?

出演は『アメイジング・スパイダーマン』のアンドリュー・ガーフィールド、『シンドラーのリスト』のリーアム・ニーソン、『スターウォーズ/フォースの覚醒』のアダム・ドライバー。そして日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら実力派が集結。

キャストだけでなくスタッフも豪華で、脚本は『ギャング・オブ・ニューヨーク』のジェイ・コックス、撮影は『ブロークバック・マウンテン』のロゴリゴ・プリエト、美術は『ヒューゴの不思議な発明』他にてアカデミー賞3度受賞のダンテ・フェレッティ、編集は『ディパーテッド』他でアカデミー賞3度受賞のセルマ・スクーンメイカー。

全米公開は2016年末を予定しており、アカデミー賞への期待も大きい本格ドラマ。

少年のころカトリック司祭になることを夢見ていたマーティン・スコセッシの一筋縄ではいかない信仰とは、『ミーン・ストリート』以降、『タクシー・ドライバー』や『グッドフェローズ』、そして『ディパーテッド』といったギャング映画のなかにも色濃く反映されており、『沈黙-サイレンス-』はその集大成となることが予想されます。

これは注目です。

Released Photo Credit Kerry Brown

『沈黙-サイレンス-』2017年全国ロードショー 配給:KADOKAWA Photo Credit Kerry Brown

5G2A7980 Released Photo Credit Kerry Brown

『沈黙-サイレンス-』2017年全国ロードショー 配給:KADOKAWA Photo Credit Kerry Brown

メイキング画像 2

『沈黙-サイレンス-』2017年全国ロードショー 配給:KADOKAWA Photo Credit Kerry Brown

<スポンサーリンク>

【この記事もチェック!】
▶︎全米Box Office(9/2〜9/4):超残忍な殺人障害者を描く『Don’t Breathe』がV2!
▶︎スティーヴン・ソダーバーグ監督復帰作『Logan Lucky』の豪華出演陣にセバスチャン・スタンも加わる!
▶︎メル・ギブソン、キリスト復活を描く『パッション』続編企画が進行中であることを認める!!

making.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です