『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』の最新画像からマーティン・フリーマンの役が判明

martin freeman emily

『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』に出演するマーティン・フリーマンがコミックス『ブラックパンサー』に登場するエヴェレット・ロスを演じることが判明しました。隣にいるのはエミリー・ヴァンキャンプ演じるエージェント13です。

『シビルウォー』でのマーティン・フリーマンの役

実はもう公開まであと少しと迫っている『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』ですが、やっとマーティン・フリーマン演じるキャラクターが判明しました。

マーティン・フリーマンが演じるのは『ブラックパンサー』のコミックスでお馴染みのキャラクター、エヴェレット・ロスで、総合テロセンターの職員です。コミックスでは国務省職員としてブラックパンサーのアメリカ訪問の責任者だったのですが、映画では設定が少し違っているようです。それでもおそらくはブラックパンサーとの関連のなかで『シビルウォー』に関わってくるのでしょう。

またエミリー・ヴァンキャンプ演じるエージェント13と並ぶエヴェレット・ロス(マーティン・フリーマン)が写真で公開されていますが、後ろに立つ警官の胸元のスペルから彼らがドイツにいることがわかります(「POLIZEI/POLICE」)。

『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』の最新画像

「EMPIRE」誌上で最新画像も公開されています。悪役クロスボーン、エリザベス・オルセン演じるススカーレット・ウィッチ、そしてキャップとアイアンマン。

NewImage NewImage NewImage NewImage

<スポンサーリンク>

いろいろと話題作が控えているので忘れがちですが、『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』は2016年4月29日に全米に先駆けて日本公開されます。

最新映画情報を簡単プッシュ購読

martin-freeman-emily-vancam.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です