全米Box Office(7/1〜7/3):『ファインディング・ドリー』が話題作を蹴散らしてV3達成!

Beagle 2

7月1~3日の全米Box Officeは『ファインディング・ドリー』が驚異的な強さで3週連続となる首位を獲得!『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』や『ターザン:REBORN』といった話題作も敵わず!

公開3週目となるピクサーの『ファインディング・ドリー』が4190万ドルを稼いで首位を獲得しました。『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』に続き、デヴィッド・イエーツ監督作『ターザン:REBORN』やスティーヴン・スピルバーグ監督作『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』といった話題作も『ファインディング・ドリー』の勢いを止められません。

そして全米の累計では3.8億円を突破し、ピキサー史上No. 1アニメ『トイ・ストーリー3』(4.15億ドル)を超えることも間違いない状況です。こうなれば『ファインディング・ドリー』が目指すのはディズニー史上No. 1アニメ『ライオンキング』(4.22億ドル)と、そして全アニメNo. 1の『シュレック2』(4.41億ドル)だけです。

まだまだドリーの旅から目が離せません!

初登場2位はアレクサンダー・スカルスガルド主演『ターザン:REBORN』!

『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・イエーツ監督がメガホンを取り、アレクサンダー・スカルスガルドとマーゴット・ロビー共演の『ターザン:REBORN』は3815万ドルのデビューとなり、初登場2位という結果になりました。

比較的好意的な評価を集めている『ターザン:REBORN』ですが首位獲得とはならず!

初登場3位は『パージ』シリーズ第3弾『The Purge: Election Year』!

一年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法となる狂った世界を描く『パージ』シリーズの第三弾『The Purge: Election Year』が3087万ドルを稼いで初登場3位を獲得!

2013年の第1作目と比べると若干数字は落ちているものの、制作費は1000万ドルと他の競合作品とは桁違いの安さから、すでにデビュー直後から黒字決定となっています。前作に登場したフランク・グリロ演じる主人公がパージ法に反対する女性議員を命がけで守る物語。

初登場4位は『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』!

ロアルド・ダール原作の児童小説をスティーヴン・スピルバーグが映画化した『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』は1958万ドルというデビューで初登場4位に沈みました。

好意的な評価が並ぶ中、スピルバーグがメガホンを取った大作映画としては極めて不本意なデビューとなっています。ちなみに制作費は1.4億ドル。スピルバーグとディズニーというコンビでしたが、結果は散々なものに。

5位は『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(1650万ドル:累計7265万ドル)

6位は『Central Intelligence』(1233万ドル:累計9177万ドル)

7位は『ロスト・バケーション』(900万ドル:累計3525万ドル)

8位は『Free State of Jones』(413万ドル:累計1512万ドル)

9位は『死霊館 エンフィールド事件』(385万ドル:累計9523万ドル)

10位は『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(295万ドル:累計5869万ドル)

ということで『ファインディング・ドリー』の快進撃はどこまで続くのか? 今週は『ミニオンズ』のイルミネーション・スタジオが製作した『ペット』が全米公開され、アニメ映画による対決は実現しそうです。

この記事もチェック!
▶︎全米Box Office(6/24~26):『ファインディング・ドリー』が『インデペンデンス・デイ2』を撃退しV2!
▶︎ミニオンズのスタッフが手がけるアニメ『ペット』の最新予告編が公開「知られざるペットの真実」

<スポンサーリンク>

beagle-2.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です