全米Box Office:『デッドプール』が2億ドル突破の大ヒット!

NewImage

『デッドプール』の勢い収まらず2週連続で全米boxofficeを制覇!すでに全米だけで2.35億ドルを売り上げメガヒット作品の仲間入り。第2位にはしぶとく『カンフー・パンダ3』が復活し、『ズーランダー2』は7位まで後退。

『デッドプール』が2億ドル突破

公開から9日目にして『デッドプール』が2億ドルを突破し、2週連続の首位を獲得しました。公開1週目の週末と比較すると6割弱となりましたが、それでも5500万ドルを稼ぎ出し、歴代『X-MEN』シリーズ最高を記録し、またコミックス原作のR指定映画としても史上最高の数字となりました。

中国での公開は取りやめになっても、ロシアなどを中心に海外でもヒットを記録しており今後さらに数字を伸ばしそうです。

3位、4位、6位と初登場作品

3位には白人なのにマイケル・ジャクソンを演じることで物議をかもしたジェセフ・ファインズ主演のクリスチャンドラマ『Risen』がランクイン。4位には当初劇場公開の予定はなかったものの口コミで話題となったホラー映画『The Witch』、6位にはベルリンオリンピックで陸上4冠を達成した黒人アスリート、ジェシー・オーエンスの伝記映画『Race』がそれぞれランクイン。

2016 02 22 9 49 04

参照:collider.com/box-office-deadpool-tops-200-million-on-sophomore-frame/

<スポンサーリンク>

そして次の週末にはヒュー・ジャックマン、タロン・エガートン共演のスキージャンプ映画『Eddie the Eagle』と、エジプト神話をモチーフとしたファンタジー『Gods of Egypt』が公開されます。このどちらかが『デッドプール』の快進撃を止めることができるのでしょうか。

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です