『ファンタスティック・フォー』の続編はやっぱり、なし!?

NewImage

ジョシュ・トランク監督によるリブートで復活するも大コケした『ファンタスティック・フォー』。シリーズ化を予していたが、前作の失敗を受けてFOXの公開スケジュールから外されました。

『ファンタスティック・フォー2』、FOXの公開スケジュールから外される

『クロニクル』のジョシュ・トランク監督によってリブートされるも、公開前から様々な不和が囁かれ、実際に公開されるや観客の目を点にさせた『ファンタスティック・フォー』。前半部の丁寧さが嘘のように後半一気に急ぎ足になり、気がつくと終わっていているという不思議な映画で、クレジットを呆然としながら見送ったことを覚えています。

稀に見るほど良質な大作映画に恵まれた2015年の映画シーンにあって、明らかに異質で多くの困惑と非難を受けた作品だけに、こうなることは予想されていましたが、何のアナウンスもないなかひっそりとスケジュールから外されるのは物悲しくもあります。

<スポンサーリンク>

ジョシュ・トランク監督はこのまま消えるのか?

若干27歳で超能力大戦争映画『クロニクル』を引っさげて登場したジョシュ・トランク監督は、様々な選択肢のなかから『ファンタスティック・フォー』のリブートを選択し、その後は『スターウォーズ』スピンオフ映画の監督にまで内定していた、ハリウッドの若さの象徴でもありました。

しかし『ファンタスティック・フォー』の撮影中からプロデューサーやキャストとの軋轢がささやかれ始め、決まっていた『スターウォーズ』のスピンオフ映画からも降板、一時は『ファンタスティック・フォー』ですらマシュー・ボーン監督が手直ししたとも噂されました。

『モンスターズ』から『ゴジラ』へとステップアップし『スターウォーズ』のスピンオフまで駆け上がったギャレス・エドワーズや『LOOPER/ルーパー』から『スターウォーズ8』の監督となるライアン・ジョンソンなどと同様に期待された若手だったのですが、そのキャリアはここで小休止となるのでしょうか。

『ファンタスティック・フォー』に関連したインタビューで、ジョシュ・トランクは「自分には大きな物語よりも小さな物語の方が向いている」と語っていましたが、この言葉が「小さくまとまる」ことを意味しないことを望みます。『クロニクル』は小さな世界の話でもメチャクチャ興奮しましたからね。

今のところ次回作の話が入ってこないジョシュ・トランク監督ですが、まだ31歳ですのでこれからにも期待したいです。

参照collider.com/fantastic-four-2-release-date-fox-josh-trank/

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です