【映画】『アメリカン・ハッスル/American Hustle』レビュー 

american-hustle.jpg

 デヴィッド・O・ラッセル監督による、アメリカで実際に起こった事件を基にした映画『アメリカン・ハッスル』のレビューです。近年のラッセル作品ではおなじみとなっている名優たちがずらりと並んだ、オスカーの最有力とも見なされる本作。素晴らしい脚本と最高の演者たちによる、傑作でした。日本公開は2014年1月31日。

ストーリー:1970年代後半のアメリカ。クリーニング店などを手広く経営するアービング(クリスチャン・ベール)は、実は愛人のシドニー(エイミー・アダムス)とともに絵画詐欺を行うペテン師だった。虚栄心の強いアービングは、妻のロサリン(ジェニファー・ローレンス)と離婚してシドニーと、そして自分の息子と一緒に暮らしたいと思っているが、ロサリンはそれを認めない日々が続いている。
 ある日、いつものように詐欺行為をしていると、警察に踏み込まれる。顧客のディマーソ(ブラッドリー・クーパー)は実はFBIの捜査官であり、おとり捜査をしていたのだった。拘置所に放り込まれたアービングとシドニーに対して、ディマーソは釈放の条件として捜査への協力を依頼する。
 そして彼らは、アトランティック・シティーの新しい市長のカーマイン・ポリート(ジェイミー・レナー)による、シティーの再編構想のひとつであるカジノ計画にまつわるマフィアと政治家を巻き込んだ汚職事件へと関わっていく。

スポンサーリンク

レビュー:前々作の『ファイター』そして前作の『世界にひとつのプレイブック』で落ち込んでいた自身の評価を一気に押し上げたデヴィッド・O・ラッセル監督の最新作は、アカデミー賞との相性の良さそうなテーマや背景に、物語が一切止まらないスピード感が加わった素晴らしい作品になった。本作を鑑賞してまず最初に感じたのが、ベン・アフレックの『アルゴ』に似ているというものだった。時代背景もさることながら、その時代を忠実に再現したファッションや、ネガライクな映像、そして結末がすでに用意されている史実を基にした作品でありながらも、高いテンションとスピード感で観客を一切飽きさせない脚本。実際に本作の監督候補にはベン・アフレックが挙っていた。
 しかし本作が『アルゴ』と違っているのは、やはり役者陣の豪華さにある。『アルゴ』がいくつかのレイヤーにおいて、密閉からの解放という構造を配置することで、観客の興奮を維持していたのに対して、本作は登場する一級品の役者たちによる喧々諤々の演技合戦において観客を一切飽きさせない。特にやはりジェニファー・ローレンスの演技力には脱帽しかない。ここ数年のオスカーノミネートの常連たちを相手に、しかも彼女自身の役柄は4番手、5番手でありながらも、明らかに一番目立っている。実際にどこにでもいそうな、“空気が読めない女”を完璧に演じている。他にもイタリヤ系成り上がり市長を演じたジェレミー・レナーもよかった。彼は最近のヒット作の影響で人間兵器や弓矢の達人のイメージが強くなっていたが、よくよく考えれば『ハート・ロッカー』に『タウン』で普通じゃない男を演じきってきた器用な俳優だった。
 本作は詐欺師とその愛人、そしてFBI捜査官の3人の愛憎入り乱れる三角関係を基本に、詐欺師の妻と捜査対象の市長の二人が加わることで、話が一体どこへ向かっていくのか観客にはどんどん分からなくなる構造になっている。いわゆる、“騙し、騙され”のジェットコースター映画とは違い、そもそもこれって何の話だっけ、と途中で何度か我に返ることになる。政治家の汚職を巡る映画のはずが、虚栄心の固まりの詐欺師に頭のおかしいFBI捜査官の周辺が物語にどんどんと介入してくることで、話は脇道に逸れていくのだけれども、その脇道さえも物語の本流に取り込まれていく。 特にジェニファー・ローレンスの役柄がまさにそういった性質もので、物語の基本部分にはいなかったはずの彼女が、最後には実は最も重要な存在だったのではないと思えるラスト。本当にオシャレな終わり方だった。
  2013年も終わりに近づき、そろそろアカデミー賞の行方にも注目が集まっているが、本作もその一角に入るのは間違いなさそうだ。

American hustle  1

 なお、本作の詳細なネタバレはしません。というのも話は色々な方向に逸れてもとに戻って、というのを何度も繰り返しますので、プロットを追いかけるのがとても大変です。プロットひとつひとつを追いかけるのではなく、それぞれのプロットが有機的に絡み合っているのが本作の最大の魅力だと思います。とにかく最高の脚本を、最高の演者たちによって作られた傑作です。オススメです。

<スポンサーリンク>

 デヴィッド・O・ラッセル監督作品集

american-hustle.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です