ジェームズ・キャメロン製作『銃夢/Alita: Battle Angel』に新『スパイダーマン』俳優も出演!

Jorge lendeborg jr

ジェームズ・キャメロン製作、ロバート・ロドリゲス監督による漫画「銃夢」のハリウッド映画化『Alita: Battle Angel』に『スパイダーマン:ホームカミング』俳優の参戦も決定!

『アバター』のジェームズ・キャメロンが長らく製作を熱望していた日本のカルト的漫画「銃夢(ガンム)」のハリウッド実写映画に、『スパイダーマン:ホームカミング』にも参加するジョージ・レンデボーグ・Jrが出演することが判明したとTHRが報じました。

ジェームズ・キャメロンは製作に回り、『シン・シティ』や『マチェーテ』のロバート・ロドリゲスがメガホンを取る。

『銃夢/Alita: Battle Angel』は木城ゆきとのSF格闘漫画を原作とし、主人公アリタ(日本語原作ではガリィ)を演じるのは『メイズ・ランナー2: 砂漠の迷宮』にも出演したローサ・サラザール。26世紀のゴミやスクラップが堆積したクズ鉄町を舞台に医師イド・ダイスケによって瓦礫のなかから助け出されたサイボーグ少女ガリィ(アメリカ版ではアリタ)が、賞金稼ぎとして戦いながら生きる意味を見いだしていくというストーリー。

すでにクリストフ・ワルツ、『デッドプール』のエド・スクライン、『ハンガー・ゲーム』シリーズのマハーシャラ・アリ、キーアン・ジョンソンらの出演が決定しており、ジョージ・レンデボーグ・Jrはキーアン・ジョンソン演じるキャラのずる賢い仲間として登場予定。

『銃夢/Alita: Battle Angel』の撮影は2016年10月中にオースティンで開始予定。

<スポンサーリンク>

【この記事もチェック!】
▶︎ロバート・ロドリゲス監督による実写版『銃夢』の主演女優がローサ・サラザールに決定か!?
▶︎ジェームズ・キャメロン監督『アバター』の続編が4本製作されることが判明!
▶︎映画史上最大の大量虐殺が行われた作品は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に決定!!

jorge_lendeborg_jr.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です