児童向けファンタジーの映画化『A Monster Calls(怪物はささやく)』の予告編が公開

パトリック・ネス原作の児童向けファンタジーの映画化『A Monster Calls(怪物はささやく)』の最新予告編が公開。孤独な少年と彼を見守る樹木の怪物との交流を描いたダークファンタジー。怪物役はリーアム・ニーソンが担当し、フェリシティ・ジョーンズも出演。

NEED02kLGkVFHN 2 a

『A Monster Calls(怪物はささやく)』の予告編

夭逝した作家シヴォーン・ダウドが遺した原案をパトリック・ネスが完成させた児童向けファンタジー小説の映画化『A Monster Calls(怪物はささやく)』の最新予告編が公開されました。

余命わずかな母への想いと学校でのいじめに苦しみ12歳の少年コナーと、樹木の怪物の不思議な交流。

内容(「BOOK」データベースより)
ある夜、怪物が少年とその母親の住む家に現われた―それはイチイの木の姿をしていた。「わたしが三つの物語を語り終えたら、今度はおまえが四つめの物語をわたしに話すのだ。おまえはかならず話す…そのためにこのわたしを呼んだのだから」嘘と真実を同時に信じた少年は、なぜ怪物に物語を話さなければならなかったのか…。

引用:AMAZON

樹木の怪物の声を担当するのはリーアム・ニーソン。そして『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のフェリシティ・ジョーンズやシガニー・ウィーバーも出演。

監督は『インポッシブル』や『永遠のこどもたち』のJ・A・バヨナ。

『A Monster Calls(怪物はささやく)』は2017年1月6日に全米公開予定。

<スポンサーリンク>

NEED02kLGkVFHN_2_a.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です