第88回アカデミー賞が決定!作品賞は『スポットライト 世紀のスクープ』

第88回アカデミー賞の受賞作が決定しました。『レヴェナント:蘇えりし者』が主要3部門で受賞し、ディカプリオもオスカーを受賞。そして『マッドマックス/怒りのデス・ロード』も最多6部門受賞するも、作品賞は『スポットライト 世紀のスクープ』へ。

Spotlight one sheet

作品賞

・『スポットライト 世紀のスクープ』◯

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

・『レヴェナント:蘇えりし者』

・『オデッセイ』

・『Brooklyn』

・『マッドマックス/怒りのデス・ロード』

・『ブリッジ・オブ・スパイ』

・『ストレイト・アウタ・コンプトン』

・『ルーム』


監督賞

・アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『レヴェナント: 蘇えりし者』◯

・アダム・マッケイ『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

・トム・マッカーシー『スポットライト 世紀のスクープ』

・ジョージ・ミラー『マッドマックス/怒りのデス・ロード』

・レニー・アブラハムソン『ルーム』


主演女優賞

・ブリー・ラーソン『ルーム』◯

・シアーシャ・ローナン『Brooklyn』

・ケイト・ブランシェット『キャロル』

・シャルロット・ランプリング『45 Years』

・ジェニファー・ローレンス『Joy』


主演男優賞

・レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント: 蘇えりし者』◯

・マイケル・ファスベンダー『スティーブ・ジョブズ』

・エディー・レッドメイン『リリーのすべて』

・ブライアン・クランストン『Trumbo』

・マット・デイモン『オデッセイ』


助演女優賞

・アリシア・ヴィキャンデル『リリーのすべて』◯

・ケイト・ウィンスレット『スティーブ・ジョブズ』

・ジェニファー・ジェイソン・リー『ヘイトフル・エイト』

・ルーニー・マーラ『キャロル』

・レイチェル・マクアダムズ『スポットライト 世紀のスクープ』


助演男優賞

・マーク・ライランス『ブリッジ・オブ・スパイ』◯

・シルベスター・スタローン『クリード チャンプを継ぐ男』

・クリスチャン・ベイル『マネー・ショート 世紀の大逆転』

・マーク・ラファロ『スポットライト 世紀のスクープ』

・トム・ハーディ『レヴェナント: 蘇えりし者』


脚色賞

・チャールズ・ランドルフ、アダム・マッケイ『マネー・ショート 華麗なる大逆転』◯

・ニック・ホーンビィ『ブルックリン』

・フィリス・ナギー『キャロル』

・ドリュー・ゴダード『オデッセイ』

・エマ・ドナヒュー『ルーム』


脚本賞

・ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー『スポットライト 世紀のスクープ』◯

・マット・シャルマン、イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン『ブリッジ・オブ・スパイ』

・アレックス・ガーランド『Ex Machina』

・ピート・ドクター、メグ・レフォーヴ、ジョシュ・クーリー『インサイド・ヘッド』

・ジョナサン・ハーマン、アンドレア・ベルロフ『ストレイト・アウタ・コンプトン』


撮影賞

・エマニュエル・ルベツキ『レヴェナント: 蘇えりし者』◯

・ロジャー・ディーキンス『ボーダーライン』

・エドワード・ラーチマン『キャロル』

・ジョン・シール『マッドマックス/怒りのデス・ロード』

・ロバート・リチャードソン『ヘイトフル・エイト』


作曲賞

・エンニオ・モリコーネ『ヘイトフル・エイト』◯

・トーマス・ニューマン『ブリッジ・オブ・スパイ』

・カーター・バーウェル『キャロル』

・ヨハン・ヨハンソン『ボーダーライン』

・ジョン・ウィリアムズ『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』


視覚効果賞

・『Ex Machina』◯

・『マッドマックス/怒りのデス・ロード』

・『オデッセイ』

・『レヴェナント:蘇えりし者』

・『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』


編集賞

・『マッドマックス/怒りのデス・ロード』◯

・『レヴェナント:蘇えりし者』

・『スポットライト 世紀のスクープ』

・『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

・『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』


長編アニメ賞

・『インサイド・ヘッド』◯

・『思い出のマーニー』

・『Anomalisa』

・『映画 ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』

・『父を探して』


外国語映画賞

・『サウルの息子』(ハンガリー)◯

・『エンブレイス・オブ・サーペント(英題)』(コロンビア)

・『裸足の季節』(フランス)

・『ディーブ(原題)』 (ヨルダン)

・『ア・ワー(原題)』(デンマーク)


ドキュメンタリー長編賞

・『エイミー(原題)』◯

・『カーテル・ランド(原題)』

・『ルック・オブ・サイレンス』

・『ニーナ・シモン ~魂の歌』

・『ウィンター・オン・ファイヤー:ウクライナ、自由への闘い』


<スポンサーリンク>

ということで今年のアカデミー賞は幕を閉じました。『レヴェナント:蘇えりし者』の主演男優賞、監督賞、に続く作品賞受賞を阻止したのは『スポットライト 世紀のスクープ』でした。残念ながら『マッドマックス/怒りのデス・ロード』は期待された監督賞、作品賞ではオスカーに届きませんでしたが、6部門での最多受賞を記録。

作品賞を受賞したのが『スポットライト』というのは嬉しいです。インディペンデント配給作ながらも2015年を代表する映画に選ばれました。

それでもやはりアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥとエマニュエル・ルベツキが2年連続で受賞したことと、そしてディカプリオが悲願のオスカーを受賞したことが今年のアカデミー賞の象徴となりそうです。

spotlight-one-sheet.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です