全米Box Office:『ズートピア』が2週連続首位で、『10 クローバーフィールド・レーン』は2位!

『ズートピア』が2週連続首位獲得!『10 クローバーフィールド・レーン』が2位の発進。そしてサシャ・バロン・コーエン主演のR指定コメディ『The Brothers Grimsby』は近年最恐クラスの大コケを記録!

Zootopia

3月11日から13日までの全米Box Officeは『ズートピア』が2週連続首位!

ディズニーのオリジナルアニメ『ズートピア』が絶賛の嵐のなかで今週も首位を獲得しました。公開初週末から33%の落ち込みにとどまり、あっという間に全米1億ドルを突破。また世界中でもすでに4.3億ドルを突破しており、まだまだ数字は伸びていきそうです。

2位には『10 クローバーフィールド・レーン』が初登場!

そして謎の「モンスター」映画『10 クローバーフィールド・レーン』は全米3391館で公開され2520万ドルを稼ぎ、パラマントが設定した1800万ドルというオープニング予想を軽々と超えるスタートを記録しました。しかしながら「血で繋がった」前作『クローバーフィールド』(2008)には成績は及ばず、そして評判も「そこそこ面白い」という控えめな声が多く聞かれます。

サシャ・バロン・コーエン主演作は大コケ!!

そして今週のBox Office最大の話題は、サシャ・バロン・コーエン主演のR指定コメディ『The Brothers Grimsby』の不人気ぶりです。全米2235館で公開されながらも興行成績はたった310万ドル。今年公開されたメジャー映画のなかでは最悪の数字となってしまいました。

実は数少ない観客からの評判は決して悪くないのですが、サシャ・バロン・コーエンがアホなフーリガンを演じ、生き別れた弟で凄腕のスパイをマーク・ストロングが演じるという設定に、全米は興味がなかったのでしょうか。しかし『ブルーノ』や『ディクテーター』では酷評が目立ちながらも6000万ドル弱を稼いだことからも、本作の不入りは衝撃的です。最終的に1000万ドルに達しない可能性さえもあります。

ちなみに制作費は3500万ドル。制作費の回収すら怪しい状況です。

3月11日から13日までの全米Box Office一覧

Zootopia Stays on Top of the Box Office Collider

参照:collider.com/10-cloverfield-lane-opens-strong-but-zootopia-stays-on-top-of-the-box-office/

来週の話題作は?

来週はヴェロニカ・ロスの原作を映画化した「ターバージェント」シリーズ最新作『Allegiant』が公開されます。前作『ダーバージェント NEO』は5200万ドルのオープニングでしたが、最新作では4000万ドル弱になると予想されています。

NewImage

<スポンサーリンク>

『10 クローバーフィールド・レーン』予告編に隠された驚愕の謎を追う!

『クローバーフィールド』の続編の予告編が電撃公開!

zootopia.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です