【ラ・ラ・ランド7冠!】第74回(2017)ゴールデングローブ賞発表!【映画部門】

Golden^globe

第74回(2017)ゴールデングローブ賞の受賞作&受賞者が決定!

全米の映画賞の中でアカデミー賞に次ぐ注目度を誇るゴールデングローブ賞の受賞作&受賞者が発表となりました。

ハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員の投票で選定され、その受賞パーティの華やかさとアカデミー賞の前哨戦として世界中が注目するイベント。

ジミー・ファロンが司会を務める第74回(2017)ゴールデングローブ賞では本年度の映画賞レースを牽引するデミアン・チャゼル監督作『ラ・ラ・ランド』がコメディ/ミュージカル部門の作品賞・主演男優賞・主演女優賞、そして監督賞を含む7部門にノミネートされておりその受賞結果に注目が集まる。

他にもドラマ部門では『ラ・ラ・ランド』に次ぐ6部門でノミネートされたバリー・ジェンキンス監督の『ムーンライト』とケイシー・アフレック主演『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の対決からも目が離せない。

では主要映画部門受賞結果を見ていきましょう。星印がつけられている作品がゴールデングローブ賞の栄誉に輝いた受賞作&受賞者です。

「ドラマ部門」作品賞

『Hacksaw Ridge』

『最後の追跡』

『LION/ライオン』

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

『ムーンライト』★

「ドラマ部門」女優賞

エイミー・アダムズ『メッセージ』

ジェシカ・チャステイン『MISS SLOANE』

イザベル・ユペール『ELLE』★

ルース・ネッガ 『ラビング 愛という名前のふたり』

ナタリー・ポートマン 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

「ドラマ部門」男優賞

ケイシー・アフレック 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』★

ジョエル・エドガートン 『ラビング 愛という名前のふたり』

アンドリュー・ガーフィールド 『Hacksaw Ridge』

ヴィゴ・モーテンセン 『はじまりへの旅』

デンゼル・ワシントン 『Fences』

「コメディ・ミュージカル部門」作品賞

『20th Century Women』

『デッドプール』

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

『ラ・ラ・ランド』★

『シング・ストリート 未来へのうた』

「コメディ・ミュージカル部門」女優賞

アネット・ベニング 『20th Century Women』

リリー・コリンズ 『Rules Don’t Apply』

ヘイリー・スタインフェルド 『The Edge of Seventeen』

エマ・ストーン 『ラ・ラ・ランド』★

メリル・ストリープ 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

「コメディ・ミュージカル部門」男優賞

コリン・ファレル『ロブスター』

ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』★

ヒュー・グラント『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

ジョナ・ヒル『War Dogs』

ライアン・レイノルズ『デッドプール』

助演女優賞

ヴィオラ・デイヴィス『Fences』

ナオミ・ハリス『ムーンライト』

ニコール・キッドマン『LION/ライオン』

オクタヴィア・スペンサー『Hidden Figures』

ミシェル・ウィリアムズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

助演男優賞

マハーシャラ・アリ『ムーンライト』

ジェフ・ブリッジズ『最後の追跡』

サイモン・ヘルバーグ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

デヴ・パテル『LION/ライオン』

アーロン・テイラー=ジョンソン『Nocturnal Animals』

アニメ作品賞

『Kubo and The Two Strings』

『モアナと伝説の海』

『My Life As a Zucchini』

『シング/SING』

『ズートピア』

監督賞

デミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』★

トム・フォード 『Nocturnal Animals』

メル・ギブソン『Hacksaw Ridge』

バリー・ジェンキンス『ムーンライト』

ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

脚本賞

デミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』

トム・フォード 『Nocturnal Animals』

バリー・ジェンキンス『ムーンライト』

ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

テイラー・シェリダン『最後の追跡』

外国語映画賞

ディヴァイン(フランス)

Elle(フランス)★

Neruda(チリ)

The Salesman(イラン/フランス)

Toni Erdmann(ドイツ)

主題歌賞

“Can’t Stop the Feeling”『Trolls』

“City of Stars” 『ラ・ラ・ランド』

“Faith” 『SING シング』

“Gold” 『Gold』

“How Far I’ll Go”『モアナと伝説の海」

作曲賞

ニコラス・ブリテル『ムーンライト』

ジャスティン・ハーウィッツ『ラ・ラ・ランド』★

ヨハン・ヨハンソン『メッセージ』

ダスティン・オハロラン、ハウシュカ『ライオン/Lion』

ハンス・ジマー、ファレル・ウィリアムス、ベンジャミン・ウォールフィッシュ『Hidden Figures』

<スポンサーリンク>

ということで第74回(2017)ゴールデングローブ賞は例年よりもサプライズは控えめである一方、最多7部門でノミネートされていた『ラ・ラ・ランド』が圧巻の7冠を達成。一作品7部門受賞はゴールデングローブ史上最多受賞となりました。

『ラ・ラ・ランド』は2月24日に日本公開ですので、これは見逃せません。

そして次は2月26日のアカデミー賞。ゴールデングローブ賞で圧倒した『ラ・ラ・ランド』はその勢いのままオスカーでも旋風を起こすのか? それともアカデミー会員がひねくれ者精神を発揮するのか!

いずれにせよやはり大本命は『ラ・ラ・ランド』でしょう。

 

<スポンサーリンク>

49e0d04fce62beaa62529705a298dd3e.png
関連記事!