【ゴジラ第18作】『ゴジラ VS キングギドラ』について

7月25日新作『ゴジラ』公開を記念して、これまでのゴジラシリーズ全28作を見直そうとするマラソン企画第18弾は『ゴジラ VS キングギドラ』です。リアルタイムで観たときは子供心に、これはないよ、と思いましたが大人になって観てみると少し優しい気持ちになれます。

NewImage

『ゴジラ VS キングギドラ』1991年製作

監督:大森一樹

特技監督:川北紘一

脚本:大森一樹

出演:豊原功補、中川安奈、小高恵美、チャック・ウィルソン他

音楽:伊福部昭

・ストーリー

1992年、東京上空に突如謎の飛行物体が出現。そしてそこから3人の未来人が姿を現す。彼らによると、自分たちは23世紀から使者であり、将来ゴジラによって壊滅状態になってしまう日本を守るためにタイムワープして来たという。

彼らは学研『ムー』のライターであった寺沢が書いた『ゴジラ誕生』にある、「ラゴス島に住んでいた恐竜が核実験によりゴジラへと変異した」という記述を頼りに、核実験前にゴジラになる前の恐竜を他の地域に移動させようとする計画を実施するために1992年にやって来たのだった。

未来人のエミーとアンドロイド、そして1992年の世界から寺沢なども加わり、戦火のラゴス島にタイムスリップする。そこで米軍による攻撃で負傷した恐竜を発見し、無事にベーリング海へと転送することに成功する。

しかし1992年の世界に戻ると、そこにはゴジラの代わりにキングギドラが出現していた。実は23世紀の世界では日本は世界を牛耳る大国へと成長しており、未来人はそれに対抗するために日本の国力を消耗させようとゴジラなき日本にキングギドラを送り込んだのだった。自分の祖先たちが騙されるのを見たエミーは未来人のやり方に反抗し、寺沢らと反逆を企てる。

しかしキングギドラは福岡に上陸し破壊を尽くす。この危機に対して、かつてラゴス島で恐竜から助けられた経験を持つ帝洋グループ総裁の新堂は、ベーリング海に眠るゴジラを復活させるべく核魚雷を搭載した潜水艦を派遣するも、すでに過去の原潜の沈没事故で未回収となっていた核廃棄物からゴジラは誕生しており、新たに派遣された潜水艦を襲うことで、ゴジラは過去にないほどの強力な生物へと変貌していた。

未来人の基地に潜入したエミーと寺沢は、アンドロイドの助けを借りて、キングギドラを操るスーパーコンピューターの破壊に成功。そして北海道に侵入したキングギドラの前に、パワーアップしたゴジラが登場。しかしパワーアップしたゴジラの前ではキングギドラも歯が立たず、遂にはゴジラは誰にも止められなくなってしまう。暴走するゴジラの前に日本の未来はどうなってしまうのか!

King Ghidorah Geschichte 5 2

・感想

まずこの映画をリアルタイムで見た時の絶望感は今でも覚えている。本作が公開される前にはすでに日本では『ターミネーター2』が公開されており、本作では恥ずかし気もなくパクっている。しかも見るのも辛いほどの劣化仕様でもパクリなので、子供心に日本映画の現実を見せられたようでショックを受けた。そして本作にはメタ的なギャグも色々と用意されているのだが、子供には理解できず、大人には寒気を感じさせるようなもので全くダメだ。特に寺沢にダーティー・ハリーをさせたり、ケント・ギルバードとダニエル・カールとのやり取りはひどい。

とまず否定的な感想を持って来たが、公開から20年以上経って観るとなかなか面白くもあった。まずは主人公が学研『ムー』のライターであること。これは画期的だし、今では絶対に不可能な設定だ。序盤には矢追純一が真面目なニュース番組の解説として登場するくらいで、かなりテンションが上がった。実は本作は設定にはSF要素が強く反映しており、序盤の25分まではかなり期待感を煽ってくる。ゴジラ誕生への新しい解釈を持ち出したことも評価できる。ここまでは脚本にも大きな破綻はなく、風呂敷も十分に広がっている。

しかしそこから一気に物語はチープになる。まず物語のアクションシーンの核となるアンドロイドの描写は本当にひどい。『ターミネーター2』と全く比較にならないほど安くて、ご都合主義的で、へたくそだ。この程度のアンドロイド描写しかできないのなら最初から脚本に織り交ぜるべきではない。ここで一気に萎えてしまう。

物語の中盤から終盤まで、残念ながら見所がない。最後のゴジラ対メカキングギドラの闘いも予定調和内で収まっており、全然盛り上がらない。前作の『ビオランテ』は物語に派手さはなかったものの、しっかりとした見せ場と盛り上がりがあったのに対して、本作最初から最後まで平坦で物語が終わる。

今に見直すと、ゴジラと人間の関係が決して分かり合えない同士として描かれる部分や、ゴジラの誕生に関して新たな解釈を提示するなど、意外と2014年の『ゴジラ』と通じる部分があるのかもしれないと思ったりもする。まあ、とにかくダニエル・カールが英語ペラペラだということは分かる映画である。

 

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です