『メッセージ』ドゥニ・ヴィルヌーヴが『デューン/砂の惑星』リメイク監督に正式決定!

Dune h 2016

フランク・ハーバート原作『デューン/砂の惑星』の映画リメイク監督がドゥニ・ヴィルヌーヴに決定!

レジェンダリー・ピクチャーズが映像化権を獲得したフランク・ハーバートによるSF異世界小説『デューン/砂の惑星』のリメイク監督に『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴが正式決定したことを、原作者の息子で『デューン』シリーズの続編小説も手がけるブライアン・ハーバートが知らせてくれました。

公式:レジェンダリー・ピクチャーズは『デューン』シリーズの監督として才能豊かなドゥニ・ヴィルヌーヴと契約

『メッセージ』がアカデミー賞では『ラ・ラ・ランド』に次ぐノミネート数を獲得し、2017年には『ブレードランナー 2049』の公開も控える最も注目される映画監督の一人であるドゥニ・ヴィルヌーヴ。彼はインタビューで『デューン/砂の惑星』を映画化することが「長年の夢」と語っており、レジェンダリーが映像化権を獲得した際には強い関心を示していた。

『デューン/砂の惑星』は1965年に発表されたSFシリーズの第1作目で、生命の源でもある巨大なサンドワームが支配する「砂の惑星」デューンを舞台に、世界の混乱や革命を描く壮大な宇宙ドラマ。

これまで何度か映像化が試みられており、1984年のデヴィッド・リンチ監督作が有名だが、賛否は分かれている。またリンチが映画化する前には『エル・トポ』のアレハンドロ・ホドロフスキー監督が最高のスタッフを起用して映画化を目指すも頓挫。この経緯についてはドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』で描かれている。

レジェンダリーは『デューン/砂の惑星』の映像化の可能性を映画とテレビの両方から模索しており、現時点ではドゥニ・ヴィルヌーヴがテレビシリーズを監督するのか、それともシリーズ化を念頭に置いた映画の一作を担当するのか、詳細は不明。

また先日レジェンダリー・ピクチャーズの代表を辞任したトーマス・タルだが、『デューン/砂の惑星』リメイクには『ゴジラ vs キングコング(仮題)』同様にプロデューサーとして名を連ねることが決定している。

リドリー・スコットもかつて『デューン/砂の惑星』の映画監督に決定していたが『ブレードランナー』を優先して降板しており、ドゥニ・ヴィルヌーヴはその両方を実現しようとしています。

これは注目です。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

dune_-_h_-_2016.jpg
関連記事!