『トランスフォーマー』スピンオフの監督が『Kubo and the Two Strings』トラヴィス・ナイトに決定!

Kubo and the two strings travis knight

『トランスフォーマー』スピンオフの監督がトラヴィス・ナイトに決定!

『トランスフォーマー』シリーズのユニバース化企画第一弾となるバンブルビー主役のスピンオフ作品の監督に、アニメスタジオ「ライカ」の代表で、2017年のアカデミー賞にもノミネートされた日本が舞台のファンタジーアニメ『Kubo and the Two Strings』でもメガホンを取ったトラヴィス・ナイトに決定したとDeadlineが報じました。

トラヴィス・ナイトはスポーツメイカーナイキ創業者のフィル・ナイトの次男で、アニメーターとして活躍し2016年には長編初監督作品として『Kubo and the Two Strings』を製作、高い評価を受けている。

また『Kubo and the Two Strings』は日本での配給権をGAGAが獲得しており、日本公開にも期待がかかる。

そして『トランスフォーマー』のユニバース化計画の第1作目となるバンブルビー主役映画は、一部報道では低予算で製作されるとも伝えられているが、現在パラマウントが発表している公開スケジュールでは2018年6月8日を予定。『ゴジラ GODZILLA 2』の同じ公開日に設定されている。

アニメーターとして独特の世界観をストップモーションとして再現してきたトラヴィス・ナイトが、大味映画の代表とも言える『トランスフォーマー』のスピンオフのメガホンを取るとは思い切った決断ですが、巨大ロボット演出とストップモーション演出の親和性は高そうなので、これは期待しましょう。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

kubo-and-the-two-strings-travis-knight.jpg
関連記事!