リドリー・スコット監督、『エイリアン:コヴェナント』続編の脚本はすでに完成していると明かす!

Alien covenant carmen ejogo amy seimetz

『エイリアン:コヴェナント』続編脚本はすでに存在する!

リドリー・スコット監督最新作で『プロメテウス』の続編となる『エイリアン:コヴェナント』の公開が待たれるなか、その『エイリアン:コヴェナント』の続編となる作品の脚本がすでに存在していることを監督本人が明かしてくれました。

Sydney Morning Heraldとのインタビューによると2018年には『エイリアン:コヴェナント』続編の撮影に取りかかれるという。

『エイリアン:コヴェナント』の作業中である一方で、すでにその続編の脚本は完成しているから、サーガを語り始める準備は万全だ。(続編を作るのに)2年もギャップが生まれるのが嫌なんだ。だから来年(2018年)には開始できる準備を整えたんだ。

リドリー・スコット監督は『プロメテウス』の続編は全3作で構成される見込みとなると以前に語っており、今回その存在が明かされた脚本は『エイリアン:コヴェナント』に続く第二作目となることが予想される。

一時は『エイリアン』フランチャイズが『ブレードランナー』同様にリドリー・スコットの手から一旦は離れ、『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督と共有されることも模索されていましたが、どうやら『エイリアン』はリドリー・スコットに託されることになりそうです。

リドリー・スコット監督作『エイリアン・コヴェナント』は2017年5月19日全米公開。日本では2017年9月公開予定。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

alien-covenant-carmen-ejogo-amy-seimetz.jpg
関連記事!