アジア版アカデミー賞、第11回アジア・フィルム・アワードのノミネート作品が発表!日本からは『淵に立つ』や『シン・ゴジラ』など。

Coverlg home

第11回アジア・フィルム・アワードのノミネート作品が発表され、日本からは『淵に立つ』『シン・ゴジラ』『君の名は。』などが候補に!

アジア全域の作品を対象とするアジア版アカデミー賞とも言える第11回アジア・フィルム・アワードのノミネート作品が発表され、日本からも深田晃司監督作『淵に立つ』を中心に、今年の日本映画界を席巻した『シン・ゴジラ』や『君の名は。』も候補に入りました。

第11回アジア・フィルム・アワードはアジア28の国と地域から約1600ほんの作品を対象に、12の国と地域で製作された34作品が全15部門で73ノミネートされ、日本からは作品賞候補として深田晃司監督の『淵に立つ』が選出された他、全部門でもノミネーションに名前が挙げられました。

作品賞

哭声 コクソン/韓国

密偵(原題)/韓国

淵に立つ/日本

ゴッドスピード/台湾

I Am Not Madame Bovary/中国

監督賞

ナ・ホンジン/哭声 コクソン

深田晃司/淵に立つ

デレク・ツァン/Soul Mate

フォン・シャオガン/I Am Not Madame Bovary

ラヴ・ディアス/The Woman Who Left

主演男優賞

マイケル・ホイ/ゴッドスピード

コン・ユ/新感染 ファイナル・エクスプレス

浅野忠信/淵に立つ

ファン・フェイ/ミスター・ノー・プロブレム

リッチー・レン/大樹は風を招く

主演女優賞

ソン・イェジン/The Last Princess

ファン・ビンビン/I Am Not Madame Bovary

黒木華/リップヴァンウィンクルの花嫁

クララ・ウェイ/Happiness

チャロ・サントス=コンチョ/The Woman Who Left

助演男優賞

國村隼/哭声 コクソン

マ・ドンソク/新感染 ファイナル・エクスプレス

綾野剛/怒り

ドン・チョンポン(ダーポン)/I Am Not Madame Bovary

ラム・シュー/大樹は風を招く

助演女優賞

エレイン・ジン/Mad World

ムン・ソリ/お嬢さん

前田敦子/モヒカン故郷に帰る

シャバーナー・アーズミー/ニールジャー

リン・ホン/See You Tomorrow

新人賞

キム・テリ/お嬢さん

佐久本宝/怒り

フィル・ラフマン/見習い

フー・ズータン/Weeds on Fire

リン・ユン/人魚姫

脚本賞

アスガル・ファルハーディー/The Salesman

ラヴ・ディアス/The Woman Who Left

新海誠/君の名は。

パク・チャヌク、チョン・ソギョン/お嬢さん

マク・ティンシュー、ロン・マンホン、トーマス・ン/大樹は風を招く

編集賞

キム・サンボム、キム・ジェボ/お嬢さん

今井剛/怒り

ヤン・ジンモ/新感染 ファイナル・エクスプレス

リー・チャータメーティクン/見習い

デヴィッド・リチャードソン/メコン大作戦

撮影賞

山崎裕/海よりもまだ深く

キム・ジヨン/密偵(原題)

LUO Pan/I Am Not Madame Bovary

チュー・ジンジン/ミスター・ノー・プロブレム

DU Jie/The Wasted Times

作曲賞

波多野裕介、ピーター・カム/Soul Mate

MOWG(モグ)/密偵(原題)

ザビエル・ジャモー/ホワイト・バレット

ツォン・スーミン/ゴッドスピード

坂本龍一/怒り

衣装デザイン賞

イー・チュンマン/The Wasted Times

チョ・サンギョン/お嬢さん

黒澤和子/真田十勇士

クォン・ユージン、イム・スンヒ/新感染 ファイナル・エクスプレス

ウィリアム・チャン、アホン・ジョン/See You Tomorrow

美術賞

リュ・ソンヒ/お嬢さん

カン・スンヨン/Pandora

部谷京子/リップヴァンウィンクルの花嫁

アルフレッド・ヤウ/See You Tomorrow

FENG Ligang/Railroad Tigers

視覚効果賞

JUNG Hwang-su/新感染 ファイナル・エクスプレス

大屋哲男/シン・ゴジラ

SUN Li、SHENG Yong、Sam WANG、SUN Jing/Railroad Tigers

Perry KAIN、Johnny LIN、Thomas REPPEN/See You Tomorrow

音響賞

KIM Dong-han/哭声 コクソン

FANG Tao、HAO Zhiyu/長江図

中村淳/シン・ゴジラ

キンソン・ツァン、リー・イウケン/Cold War 2


第11回アジア・フィルム・アワードは2017年3月21日に香港文化センターのグランド・シアターにて開催。

日本勢の活躍に期待がかかります。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

coverlg_home.jpg
関連記事!